献血に関する考え

献血に関する考え

献血については私が体験したこと

献血については地方は献血バスが各地の場所に趣き、献血を行うのがこちらは主流になります。

 

献血はよく「無償のボランティア」と言われています。
私もそれについては同感であると感じております。

 

私が献血を体験した時の話

とあるスーパーマーケットの一部での献血会場がありました。
高校の時以来でしたので久しぶりに献血を行いました。初めは一通りの問診を行い、その後に採血になります。

 

すぐに、献血は行わずに当日の体調を見るための採血を行うのが流れになり、その後に献血となります。
献血会場にも医師はいます。そこで体調が悪かったり、採血の数値が悪かったりすると献血は出来ない仕組みになっております。

 

いよいよ、献血となります。刺す時はすごく痛いと感じますが血を抜かれると吸い込まれていくという感覚になります。
一通りの献血を終えるのは平均2時間くらいを考えても良いかと思います。(私は血を抜き終わるまでが1時間近くかかりました)

 

その後は、献血の量の応じた粗品をいただくという形になります。
冬は献血量が不足しやすい時期でもあるので、もし、機会があれば献血に行きたいと思っております。