血管診療技師(CVT)

血管診療技師(CVT)

「割に合わないよな」と思う過酷な仕事の言えば、私は「看護師」かな思うのですがが、いかがですか?

 

知人に聞いても、実際大変みたいです。やはり、労働環境や待遇が悪いからみたいです。確かに、一般的にもそういうイメージがありますし、過酷みたいです。親戚の子が将来なりたいと言っているみたいで、この間少し話ししたのですが、とても大切な社会に必要な仕事とわかっていても、わが子がするとなると心配で反対すると言うのが親心でしょうか?

 

あらためて言う事もありませんが、仕事内容事態が「排泄物の処理」や「身体が不自由な方の介助」「沢山の人たちとのコミュニケーション」と言う出来れば避けたい業務ばかりですし、可能性としては自分が懇意にしていた患者さんがお亡くなりになる「死」と言う場面に直面する場合もあります。その点献血ルームではそういったことはほぼ無いに等しいですね。

 

また、その割りには給与は高くなく、労働条件も、基本シフト性みたいですが、急患がでれば休みを返上したり、休憩中でも休まず仕事をしたりといった場合も多々あるようです。おまけに基本的には女性が多い職場ですので、人間関係的にも難しい部分が多くあるようで、病院を転々とする人が多いと聞きます。

 

一方で常に慢性的な人手不足と言う実態もあるようで、就職には困らないというか、引く手あまたと言う側面もあるらしいです。そんな看護師もキャリアアップや、どのような専門性も身につけるかにもよって、給与や処遇もかわってくるので重要です。最近のキャリアアップを目指して人気がある資格に「血液診療技師」と言うのがあるみたいですよ。

 

これは動脈硬化や下肢静脈瘤、糖尿病壊疽、エコノミークラス症候群などに代表される血管疾患とその診療技術に対する豊富な知識と実技技術を有する医療従事者に対して与えられる専門資格みたいで、いくつかの団体か学会で認定している資格のようです。

 

生活習慣病の増加や患者年齢の高齢化により、動脈硬化などの血管疾患が増えるに比例して、それらの患者に対して血管検査を行う場面も増加しており、この資格に対するニーズは着実に高まってきています。

血管診療技師(CVT)関連ページ

献血に対する私の考え
献血に対する私の考えをまとめています。献血は誰でも協力できるわけではありません。献血へ協力することができない私の苦渋の気持ちを記載しています。
献血ルームでの仕事
献血ルームの業務内容や給料・待遇について記載しています。まずは献血ルームの仕事の特徴を抑え、検討すると良いですよ。
献血ルームの看護師の悩み
とある献血ルームの看護師の悩みについて聞いてみたカテゴリーです。
看護師のブランクから復職するには
ブランクのある看護師がスムーズに復職するポイントは?