看護師のブランクから復職するには

看護師のブランクから復職するには

離職率の高い看護師ですが、復職時の悩みといえば何でしょう?

 

看護師さんの数は常に不足しているというのが必ず毎年ニュースになります。で、ちょこっと調べてみると看護師の免許は持っているものの現在仕事をしていない看護師(保健師や助産師も含む)というのが平成22年度の調査で50万人ほどだそうです。
(なんだか少ないような気がしますね。准看護師さんは含まれていないのでしょうか?)

 

国としては、そういった潜在看護師さんを復職させようとしている節もとっていますが、なかなか思うように行かないようです。

 

すこし前にはインドネシア?か東南アジア?の看護師を日本で採用するというニュースが流れて、現場の反発や期待などいろいろな意見が合ったようでしたが、そもそも日本語の看護師試験問題が難しすぎて、かなりの受験者が落ちたそうですけどね。(受かったのは3人ぐらいじゃなかったかな。)

 

潜在看護師さんの復職に関する悩みとして多いのが、小さい子供がいて短い期間のブランクの場合。
また、ブランクが長ければ長いほど体力的な問題と、先進医療についていけるかの不安や、採用自体をしてもらえるのか不安と言ったことがあるようです。

 

「意欲はあるけど採用されるか不安」
「年だけは婦長さんクラスだけど。。。」
と言った悩みがチラチラ聞かれます。

 

ブランクのある看護師さんの復職支援もやっている病院もありますが、根の深い問題になっているようですね。

看護師のブランクから復職するには関連ページ

献血に対する私の考え
献血に対する私の考えをまとめています。献血は誰でも協力できるわけではありません。献血へ協力することができない私の苦渋の気持ちを記載しています。
献血ルームでの仕事
献血ルームの業務内容や給料・待遇について記載しています。まずは献血ルームの仕事の特徴を抑え、検討すると良いですよ。
血管診療技師(CVT)
血管診療技師の悩みと責任についてはどうなのでしょうか。
献血ルームの看護師の悩み
とある献血ルームの看護師の悩みについて聞いてみたカテゴリーです。